2015.12.18

レイアウトを展示しています

-2016年9月、三鉄ものがたりでの展示は終了しました-

ただいま工作のほうが絶賛停滞中です(^^)

・・・というのも、「レイアウトが手元にないから」なんです。

実は、茨城県のひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅近くの商店街の空き店舗に、現在私のレイアウトを置かせてもらっています。

「茨城県商店街活力向上支援事業」の一環として、「三鉄ものがたり」と題して商店街の空き店舗に鉄道模型を設置してお客さんを呼び込み、街を活性化させようという試みです。縁あって私のレイアウトを貸し出すことになり、11月から2月頃までの予定で置かせてもらっています。

Dsc08349

Dsc08350

写真2点は11月に設置に伺った ときの様子です。

私のローカル私鉄風ミニレイアウトはアクリルで作った簡易ホコリ除けカバーがあるので、パワーユニットの電源を入れれば走行できるように整備してあります。とはいっても私自身がなかなか足を運べず、車両の動きもぎこちなくなってきたようで、レールの清掃といったメンテナンスにそろそろ行かねば・・・と 思っているところです。

週末を中心に不定期の開店です。
モノのついでにご覧いただければ幸いです。

三鉄ものがたり  http://www.3tetsu.org/

12391088_1120324134659466_114836182

| | コメント (2)

2015.09.25

貨物倉庫に照明を

Dsc05870
製品倉庫のところからひょろっと伸びるキュービクル。

Dsc05871
裏返すとコネクタが仕込んであって・・・

Dsc05872
・・・ベースボードのオスコネクタに差し込むようになってます。

というわけで、このキュービクルは本当の意味での給電ポイント。
供給された電力?はこの倉庫の中で分電されて・・・

Dsc05876
・・・貨物ホームの照明となりました~。

今までここに照明がなかったので、「それなら付けねば!」とプチ工作。

Dsc05878
ワムハチがたたずむ雰囲気が良いと思いませんか?

キュービクル給電方式は電車庫でも採用しています。(→ここ参照)
建物から配線とコネクタを出しておいてここに差し込めば、
入れ替えた建物に対して照明用電源が供給される仕組みです。

| | コメント (3)

«照明設備群をリニューアル