« バラストを散布する | トップページ | 背の高い雑草を生やす »

2007.02.04

踏切しゃ断機/警報機

Pict1665
パソコンを使って、クロスマークや表示板などを作成・印刷。

Pict1666
踏切警報機はオーバーハング形を模型化。柱の部分はφ1.1mmの真鍮パイプ。
警報灯は、KATOジオタウンの道路用信号機のレンズ部分を1つずつ切って移植。
踏切しゃ断機は屈折式。根元かんはφ1.1mm真鍮パイプ、先端かんはφ0.5mmの真鍮線。
しゃ断機の本体はプラ板の小片を組み合わせて作成。

Pict1669
踏切のしゃ断長は約60mmなので、実物換算は約9m。
しゃ断かんのまん中の部分が継ぎ手になっていて、実物はここで角度が変わります。
道路と線路が交差する角度は45°以内という規定がありますが、
この踏切はそれ以上の角度がついているので規定違反ですね(^^;;

Pict1672
警報機・しゃ断機の基礎もプラ板の小片でまとめています。
そばには電源・制御リレーが入った器具箱も。

(2005-5-16)

|

« バラストを散布する | トップページ | 背の高い雑草を生やす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バラストを散布する | トップページ | 背の高い雑草を生やす »