« オイルタンク周囲仕上げ(2) | トップページ | 踏切警報機も光らせよう(1) »

2008.04.20

光ファイバーで遊ぼう!

光ファイバーを使った夜景がいい感じなのでアイデア増殖中・・・。

Pict4882
ホームのはずれの裸電球・・・

Pict4886
光らせてみました♪
手法はこちらと同じです。

Pict4853
踏み切りで列車通過待ちのワンボックス・・・

Pict4855
ヘッドライトが光ります♪

Pict4857
もちろんブレーキランプも光ります♪

Pict1555
カラクリはこんな感じ。
ヘッド2本・ブレーキ2本、合計4本の光ファイバーを床下パーツからひきこみ。
車体のライト部分にφ0.75mmの光ファイバーに対してφ0.8mmのドリルで穴をあけ、
光ファイバーをそれぞれ接着剤で固定した後、床下パーツを車体にはめこみます。
ブレーキランプとなる2本は両端を赤マジックで着色します。
(↑クリアレッドの塗料、持ってないもので・・・)

もちろんレイアウトのベース部分にも踏切手前のクルマ固定位置に穴をあけ、
そこからボード裏に引き込んでLEDと接続させてやります。

あ、光ファイバーは遮光のためにボード上から出てくる部分を黒で塗装してます。

Pict4862

Pict4877
むふふふふ(はあと)

眺めているだけでニヤニヤしてしまいます(←危)

|

« オイルタンク周囲仕上げ(2) | トップページ | 踏切警報機も光らせよう(1) »

コメント

(`-ω-´)
夜景は心が癒されます……
踏切を光らせては?オレンジ色で
(^-^)/
更に夜景が…………今後もまた楽しみです
o(^-^)o

投稿: レッドベア | 2008.04.21 01:57

■レッドベアさん

>>踏切を光らせては?

赤い色で光らなければ踏切警報機ではありません!(謎)

投稿: どんぶり | 2008.04.21 19:53

すみません、言葉足らずでした
(;^_^A アセアセ…
o(_ _*)o
踏切の周りを照らすライトが、オレンジ色なんで
(^-^)/

投稿: レッドベア | 2008.04.22 15:44

■レッドベアさん

いえいえ、こちらこそ言葉足らずで・・・(^^;;

「赤い色で光らなければ・・・」というところを強調したかったのですが
結論から言うと「赤いLEDをすでに購入済み」なんです。
あとは点滅基板を購入して仕込むことになるので
しばらくお待ちくださいね~。

投稿: どんぶり | 2008.04.23 21:45

またまた驚きの製作です!今後もどんな加工が成されていくのかが楽しみです。

5月3日に俺流鉄道館を開設いたしました。それに伴いブログは継続いたしますが、サイト内の日記という形となり、ブログ名も「俺流鉄道館@徒然日記」に変更いたしました。ですのでリンク先を「俺流鉄道館@津」(URL:http://oreryutetudoukan.konjiki.jp/)へ変更をお願い致します。

投稿: ラキこ | 2008.05.10 23:41

■ラキこさん
早速変更しましたのでご確認ください~。

投稿: どんぶり | 2008.05.11 00:53

はじめまして、マリンです。この光ファイバー照明、前のオイルタンクの記事から「光ファイバーか…」とそのアイディアに感服していました。そして今回のこの応用…細かいところにも取り付けられるので、ぜひうちでも取り入れたい…と思うのですが、その光ファイバー、どこで、どのくらいの価格で手に入れられたか、できれば教えていただけないでしょうか。長文すみませんでした。

投稿: マリン | 2008.08.01 20:25

マリンさんはじめまして。コメントどうもです。

(はじめに・・・この記事のリンクが間違えていたので修正しました(汗))

光ファイバーですが、その入手先は「ネットオークション」です。
50センチで100円で落札し、さらに1cm1円で追加可能だったので
2メートルほど買った記憶があります。

ある個人の方が切り売りして出品されていたので
必要十分な長さのファイバーを安価で手に入れることができました。
ネットショップのほうでも根気よく探せばばら売りしているところも見つかりそうですね。
(試しに探したら↓こんなの出てきました)
http://gontaya.jp/board.htm

投稿: どんぶり | 2008.08.02 22:33

■どんぶりさん

丁寧なご回答ありがとうございました。
やはり最近はネットの品揃えがいいですね。
自分でも探してみようと思います。

投稿: マリン | 2008.08.05 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オイルタンク周囲仕上げ(2) | トップページ | 踏切警報機も光らせよう(1) »