« 工場内の緑化事業 | トップページ | JIS A5372 附属書5 推奨仕様5-3 »

2009.02.14

廃線跡その1

Pict2232
次はこのスペースの処理の報告です。

Pict2233
3mm×1mmのバルサ材を切って並べて接着して・・・

Pict2236
薄いグレーで適当に塗装し、茶系のウエザリングマスターで汚します。

Pict2566
パウダーをまいて、ターフを枕木の列の両側にまいて・・・
「過去に踏切のあたりから分岐していた線が廃線となり、放置された」という設定です。

Pict2568
フィールドグラスの林を立てて・・・

Pict2570
ざっくりと刈り込んでいき、背の高い雑草を表現してみました。

Pict2574
「速度制限標識」も忘れ去られてしまったようですね・・・
適当な大きさの紙片に数字を描き、白く塗装したφ0.8mmの銅線に接着。
錆色の塗料をドライブラシでささっとなでてウエザリングした後に
木工用ボンドを適当に塗り、フォーリッジから落ちたスポンジ粒をからませました。

Pict2576
同様の手法で「使われていない裸電球の照明」も作りました。
極細の銅線を柱にからませて接着し、つや消し黒で塗装をした後
木工用ボンドを適当に塗って、スポンジ粒をからませて・・・つたが絡んでいる感じです。

えっと・・・ここで当レイアウトの現在の全景を掲げておきましょう。
仮組みの部分も多々ありますが、追々取り上げていきますね。
Pict2581

|

« 工場内の緑化事業 | トップページ | JIS A5372 附属書5 推奨仕様5-3 »

コメント

こんばんわ

廃線跡は、なかなかいいですね。
雑草の伸び具合、ツタもいいですね。
西武安中線にも、あのような光景を見たような
気がします。
是非、当鉄道に採用したいと思います。

レイアウト製作にあたり、実際に鶴見線沿線を
歩き散策しましたが。廃線がありました。
浜安善駅には、数本の留置線に、半分に切られた
ポイント。そして、アスファルトに埋まってしまった踏み切りのレール。

色々とレイアウトに取り込めそうな題材ばかりでした。

投稿: ひろ | 2009.02.14 20:17

すいません。訂正です。

西武線の安中線ではなく、安比奈線でした。
すいません。

投稿: ひろ | 2009.02.15 00:26

こんばんは(^-^)/
いい感じですね
(^ω^)
まだ空き地が残っているのですね……
そこにぜひ廃車貨車を(笑)
廃線の延長線で………

投稿: レッドベア | 2009.02.15 02:27

お久しぶりです。こんにちは^^

廃線跡ですが、なかなか良い感じに仕上がっていますね~。私も予定ではありますが、将来レイアウトの中に、ローカル線か専用線を作って数年走らせ、その後廃線跡を再現するつもりです。その際の製作の参考になりました!

というよりですが、私の作っている日本油脂専用線タイプの車両をこのレイアウトに置いたらどうなるか・・・。工場専用線の車両ですので、完成の出来次第では似合うかも?

投稿: ラキこ | 2009.02.16 14:07

■ひろさん
鶴見線の情景はいろいろ参考になりますよね。
浜安善は私はまだ行ったことがないのですが
浅野と弁天橋の間の南側に広がる貨物線の終端付近の風情が好きです(^^;;

■レッドベアさん
「航空写真」に廃車の貨車、写ってますよ!

■ラキこさん
日本油脂専用線、ネットでその様子をチェックさせていただいています。
沿線の雰囲気なんかは私のレイアウトに通じるところがありますね。

ラキこさんのところは本当の意味での廃線跡ですね!

投稿: どんぶり | 2009.02.16 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 工場内の緑化事業 | トップページ | JIS A5372 附属書5 推奨仕様5-3 »