カテゴリー「ベースボード関係」の記事

2007.02.04

ホコリ対策のアクリルケース

Pict0560
ネットで購入した品物が宅配便で届く。

Pict0562
中身はt2.0の透明アクリル板。
業者に必要寸法でのカットを指示したので、自宅での切断作業は一切なし。
自宅で切ろうとすると絶対に直線が出てくれないと思う。

Pict0723
こいつを接着剤で組み立てて・・・

Pict0726
ホコリをシャットアウトするケースの完成。これで防塵対策は完璧。
接着剤:セメダインスーパーX2クリア

(2005-1-5)

| | コメント (0)

電気配線を済ませて試運転

Pict0528
車両を走らせるには、2本のレールに電流を流す必要がある。
給電用ターミナルジョイントをレールに接続し、近傍に穴をあけて電線を裏側に通す。

Pict0533
ベースボード裏側の電気配線の処理は手抜きであります(笑)

Pict0536
パワーパック(電源装置)側との配線はコネクタで着脱式に。

Pict0535
電源を入れてレールに電流を流し、試運転♪
カーブをしっかり曲がれるか、ひっかかりはないかをここでチェック。

(2004-12-23)

| | コメント (0)

線路を敷設する

Pict0498
分岐器の位置を基準に線路配置を検討。
カーブの半径はR150を基本として、型紙を作って実際に当ててみる。

Pict0499
レールはKATOの固定式。フレキシブルレールを中心に利用。
貨車を手で走らせ、走行状態をチェックしつつ釘で固定していく。
固定式専用の釘ではなくて市販品の釘を使ったので少し頭が目立ってしまった。

Pict0503
ひととおりの敷設が完了。

(2004-12-23)

| | コメント (0)

ベースボードを作る

レイアウトを作るのに、コレがないと始まらないのが「設置場所」。

Pict0461_1
自分のPCラックの上のスペースを全て片付け、ここがレイアウト製作の基本に。
サイズは約600×350mm。これより若干大きいサイズとしてベースボードを設計。
名づけて「ラックトップレイアウト」。

Pict0494_3
マンション住まいの我が家で日曜大工は近所迷惑の元。
そこで、自宅近隣にあるホームセンターの「お客様工房」で組み立てを行った。
ホームセンターで買ったベニヤ板、角材をその場でカットしてもらい、工房に入る。

Pict0495
工房のレンタル料は無料。いろいろ工具もあるので便利。
クランプ2本でベニヤ板と角材を仮固定し、木ネジで組んでいく。

Pict0496
ベースボードほぼ完成。

Pict0497
自宅に持ち帰り、ラックの上に置いてサイズあわせ。いい感じ。

(2004-12-23)

 

| | コメント (0)